2013年02月26日

残念!!



ひゅるりる〜 ひゅるりらら〜
4.jpg


ここしばらく、さっぶいですねぇ
車中暮らしのメリーのお世話は 
早朝と夜間、屋外で執り行いますので凍えます。ぶるぶるっ


1.jpg
昨日の朝なんか、お尻拭きのウェットティッシュがあっという間に凍っちゃってね。
ステンのボールに入れた飲み水も、またたく間に凍りついていくし・・・
洗濯物なんかも、朝とか夜に表に干すと、すぐにカチカチになりますよね??



けど、ハエ蚊と豪雨の、灼熱地獄よりはいいなぁ・・・
メリーも車の中に居れるし、晴れの日も多い。
どんなに寒くても(南関東の気候レベルであれば、だけど)
このまま冬が続いてほしいと願ってしまいます。
ちなみにメリーは、気温3℃〜8℃くらいが、最も快適みたい・・・




先週末の土曜日は、爽やかな日で、犬の散歩だけで2万歩ほど、
距離にして13`くらいを、きもちよく歩きました。
帰ってから、ちょっとしたプロジェクト・・・


そして寒風の吹きすさぶ日曜日も1.5万歩、10`弱。
朝一でジルユウと軽く近所をさんぽして、犬牧場に行ってメリーのお世話。
終えてから4ビーグルズのロング散歩をして、

3.jpg


梅がちらほら咲き始めてた
2.jpg
アイコ氏、怖いくらいに元気・・・



グッタリして帰ってきたらば、
こんどはオリーブが出掛ける気マンマン。
前日も、森の公園にいっておもいっきり遊んだし、今日はいいと思ってたんだけど・・・

土曜日のようす↓
4.JPG
  『きゃっほーっ!!』



8.JPG
ダダダダーッ と駆け下りては、


6.JPG
ガガガガーッと駆け廻って

5.JPG
バババッと、駆け登るのが、すごく楽しかったそうです。



そこまで期待されては仕方ない、連れて行ってあげました。
それにしても、風と土埃がすごかった台風><

でね、ほんとうは、午後にオリーブを松戸のドッグラン学校に連れていくつもりだったんです。
まだブログアップしてないけど、先週も行ったしね。
しかしながら、朝から何も食べずに何時間も砂埃と寒風にさらされると、
もう、クタクタで・・・  前の日も頑張ったし・・・
この暴風ではきっと、みなさんもお休みしてるんじゃないかなぁ?
なんて勝手に思ってたんだけど。



なんとあの日、ちょっと有名なバニブログのお友達(お会いしたことがないのです)がお見えになっていたとか!!
ただでさえバニバニなランが、超バニバニな状態になっていた模様・・・

えーっ えーっ

  ざんねーーん!!

遠いから、もうしばらく来ないよね・・・
お会いしたかったなぁ、ご本人にも、ワンズにも。

なんかいろいろ、ついてない日曜日でした(涙)



明後日はメリーさんに試練が…

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



posted by ぐうびるこ at 22:03| Comment(6) | メリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

疑似出産。



同居犬たちにすっかり感化され、
趣味嗜好が猟犬チックなオリーブさんが、

6.jpg
   ↑ニャンコ見つけて、全身に緊張が走ります(完全に獲物扱い)



このたび仔犬を生みました。
DNAは念力でも受け継がれるのでしょうか、
ビーグルっぽい、赤ちゃんです。

2.jpg

階段下に巣箱を移動してもらい、そこで一生懸命に子育てしています。
きゅんきゅん鳴きながら、ぺろぺろ舐めて可愛がっています。
意外と 母性本能が強いのね・・・




私の所にやってきて、口に咥えて 見せ(びらかし)にきてくれたりもします。
クンクン、キュンキュン、せつなく啼いてて、かわいいです


4.jpg



5.jpg
『ひっぱりっこしよ〜』って、おもちゃやタオルを押しつけてくるときとは
明らかに異なる、やさしい咥え方。



3.jpg

このあいだ、蓋が開いて電池がはずれてしまい、動かなくなっちゃった。
そしたら、オネーサンのところに持ってきて、(普段はオネーサンには、そういうことしないのに)
キュンキュン、クンクン、困った顔して 泣くんですって。

まるで、『あかちゃん、死んじゃったよ〜 どうしよう??』
って、いってるみたいだね ^m^

ぜんまい仕掛けのオモチャなんて、普段は怖がるのに・・・
母性本能って、不思議ですね。


7.jpg


疑似妊娠が始まってから、ウッドデッキの下が別荘になりました。
ここはかつて、メリーの別荘だった場所。



8.jpg
赤ちゃんは 連れて入らないでね〜








↓ こちらのお子さんを可愛がってほしいのにな〜





にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ


posted by ぐうびるこ at 12:59| Comment(0) | オリーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

欧州の馬肉騒動


豚や鶏なら、きっとこんなに騒がない様な気がします。
馬は人間のよき友、ですものね、特にイギリス系の人にとっては。


5.JPG


今、ヨーロッパじゅうで大騒ぎになってるらしい馬肉混入スキャンダル。
牛肉を使っているはずの加工食品に、馬肉のDNAが検出されたという話。
ネスレのラビオリからも見つかって、イタリアやスペインでも回収がはじまってるそう。
アイルランドから始まって、ドイツ、フランス、ルーマニア、イギリス、北欧・・・
グローバル化って、なにかと大変そうですね・・・


4.JPG

日本ではヘルシーで高級イメージのある馬肉だけど
ヨーロッパの人にとっては犬を食べるに近い感覚なのかも?
いや、兎くらいかな?
私自身も、馬肉は食べないようにしています。


3.JPG

しかし、なんでまた、馬肉なの? と思ってググってみたら
こんなわかりやすい記事を見つけました。

ほの見えたヨーロッパ馬肉騒動の構図
(世界的な経済不況・食料価格高騰・スーパーの安売り競争)

これによると、
「長引く経済不況で馬を持ちきれなくなった欧米諸国の馬主が持ち馬の大量処分に乗り出した。」
「アイルランドでは昨年、2万5000頭の馬がと殺場に送られた。2008年に比べて10倍以上の増加」
「アメリカでは毎年10万頭がと殺されている」

処分された大量の馬肉のはけ口が、安売り競争にさらされる小売チェーンの商品だったということらしい。

欧米にて食用として飼育されてる馬がいるのかどうかしりませんが
こんなにたくさんのお馬さんたちが、犠牲になっているんですね・・・
乗馬や競走馬としてトラックを走らせてもらえる馬なんて、ほんのわずかだと聞いていたけど
この数字には正直、びっくり。

華々しい栄光の影に、多くの小さな命が 価値のないものとして処分されているのは
ペット産業も同じだけども。

2.JPG
バニはともかく・・・ ビーグルなんてさぁ・・・




以前から私は買わないようにしてますが
最近、犬のオヤツにも馬肉を使ったものが増えてきたように感じます。
これらの原料も、競馬用のサラブレッドだと聞きます。
こういう背景と、関係してるのかな〜

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
食用じゃない馬のお肉って、残留薬物チェックはどうなってるのかしら?
ってちょっと気になる・・・


posted by ぐうびるこ at 16:58| Comment(2) | 動物福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。